横須賀市市民大学にて、「大人から子どもに伝えたい大事なこと」のテーマで講師をします。

 横須賀市市民大学は、学びを通じて、地域づくりや生涯のきっかけづくりを支援しようという横須賀市の取り組みです。
「古事記 下巻を読む」の文学講座や、「ノルディックウォーキングと横須賀歴史探訪」の健康講座、 「モチーフで学ぶ西洋芸術の豆知識」の芸術講座など、講座の内容は多岐にわたります。

 今回、講師として担当するテーマは、「大人から子どもに伝えたい大事なこと」というものです。我が家、わが子だけでなく地域の同年代の子どもを持つ保護者が連携して、未来をはぐくむ子どもたちを支援する活動を開始するための基礎を学びます。

 情報機器が発達した現代、子どもの心身の発達や環境の変化に大人は対応できていません。 一人一人の子どもが成熟した社会人になるために、現状を認識し、子どもや家族への支援を地域の課題としてとらえ、活動の輪を広げるための講座です。 また、学習成果として、SNSなどを利用し、普段感じる悩みや疑問を共有し、情報発信できるグループ作りを目指します。

講座の詳細

2015年5月31日(日)~7月26日(日)までの全7回講座です。

●定員:30名 ●受講料:3,570円 ●時間:10時~12時 ●講師:井上康子 ●会場:横須賀市生涯学習センターまなびかん

※お申込み期日は2015年4月21日です。お申込み、お問合せは 横須賀市市民大学ホームページ まで。

第1回 2015年5月31日(日) 中学生を取り巻く現状(ネットと犯罪)
第2回 2015年6月7日(日) 中学生の家庭教育の在り方(消費者教育と金銭教育)
第3回 2015年6月14日(日) 中学生の学校教育(学校格差、不登校やいじめについて)
第4回 2015年6月21日(日) わが家のお金の使い道、ライフプランと教育費(ワーク)
第5回 2015年6月28日(日) 13歳のハローワーク、キャリア教育とは?
第6回 2015年7月5日(日) 離婚や失業などによる家庭環境の変化と中学生)
第7回 2015年7月26日(日) 未来の大人である中学生に伝えること(話し合い)