遺言は家族に対するメッセージ

日頃感謝の念を感じていても、なかなか言葉にだしてはいえないものです。遺言は、財産の分割についてだけ伝えるものではありません。 自筆証書遺言・公正証書遺言を問わず、メッセージを書き記すことができます。日頃の思いの丈を遺言で表現してはいかがでしょうか?

遺言でできること

1. 財産の処分~誰に財産をあげたいか?遺贈・寄付行為・分割方法・分割禁止

2. 遺言執行者の指定~予備的遺言も必要

3. 遺言信託の設定~身体障害者や病弱者がいる場合

4. 非嫡出子の認知

5. 推定相続人の排除

6. 家族へのメーセージ (特別の財産はないが・・・)

7. 葬儀埋葬の指定~密葬、散骨葬など (検認との兼ね合い)献体、臓器の提供

8. 未成年者の後見人・後見監督人の指定

9. 祖先の祭祀主宰者の指定

※遺言はいつでも取消、書き直しができる。 心身の健康なうちに納得のいく内容の物を作成し、年月による財産の変動、推定相続人の状況の変化に応じて取消、書き直しをすることができる。

※公正証書による遺言作成が確実である。

普通方式の遺言の種類と特徴

自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成者 本人 遺言者
※実際は公証人
遺言者
※代理人可
作成方法 自筆・指定用紙なし。 遺言者が遺言の全文、日付、氏名を自書し押印する。 消えにくいボールペンなどで、鉛筆不可(ワープロ・代筆は無効) 原則。公証役場で作成。公証人が遺言者の口述を筆記し、遺言者・証人に読み聞かせ、各自署名押印する。 遺言者が遺言を作成して署名押印し、その証書を封じて、同じ印で封印をする。その後、公証人・証人の前で自分の遺言である旨を申述して、各自署名押印する。(ワープロ・代筆可)
印鑑 認印で可 遺言者は実印 認印で可
原本保管 遺言者が保管 原本は公証役場・遺言者には正本と謄本を交付 遺言者が保管
証人 不要 2人以上(認印) 2人以上(認印)
長所 作成が容易。作成の事実・内容を秘密にできる 改ざん、紛失の可能性がない。無効になる恐れがない 内容を秘密にできる
短所 改ざん、紛失の可能性がある。要件不備による無効・紛争の恐れがある。自書できない者は、作成不可能 内容を秘密にできない。 紛失の可能性がある。遺言内容については、公証人が点検しないため無効の恐れがある。

※四親等内親族や利害関係者は証人にはなれない。

※検認手続きをしないで遺言書を開封してはいけない。被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に検認申立てを行う。相続人全員の戸籍謄本と被相続人の戸籍謄本及び遺言書1通につき800円の収入印紙。

遺言書の例

例1 )家族へのメッセージ・・・遺産の具体的な配分方法を指定する。

遺言者○○は、私の死後相続財産の分配に関して争いが生じることのないように、 この遺言書によって、各相続人の相続財産を指定する。 妻○○が、私のために生涯にわたって尽くしてくれたことを心より感謝している、 子どもたちも私の看護のためによく尽くしてくれた。 私の死後も、母である○○を大事に、兄弟姉妹仲良く暮らしてほしい。 それから、遺産の分配について具体的に書き記す・・・

例2 )お世話になった方へのメッセージ・・・法定相続人以外にも遺贈ができる。

遺言者○○は、株式会社の株式全てを大学時代にお世話になった母校の○○研究室に遺贈する。 遺言者はこの遺言の執行者として、次の者を指定する。

例3 )嫁に財産を遺贈する。遺贈と死因贈与の違いに注意。

心より感謝している。 こうした事情を考慮し、現在私が住んでいる土地・建物を典子に遺贈する。