お祝い事のお金のマナー~タイミングと金額相場~

人生にはさまざまな節目があります。日本人は感性や美意識を、しきたりや伝統に昇華させました。古きよき時代においては、冠婚葬祭を重視することを目上の者から教えられたものですが、最近ではライフスタイルの変化や価値観の違いなどもあり、知らないままでいたり、知る機会がなかったりします。中でも費用や慶弔に包むお金については、なかなか人に聞きにくいものです。今回は、「お祝い事のお金のマナー」と題して、おつき合いの程度に応じた金額相場やお祝いを相手にお渡しする時期についてお話したいと思います。

シチュエーション別のタイミングと金額相場

お金を包む祝儀袋は中身と合わせます。また、時期を逃さず目的を明確に。直接お渡しすることが難しい場合は、配送してもよいのですが、その場合は送り状を別便で、またメッセージを添えることも大切です。

○出産祝い

お渡しする時期 出産後1週間~1か月
親族の場合 1万円
友人・知人の場合 5,000円
隣人・その他 3,000円~5,000円

○初誕生祝い

お渡しする時期 誕生日の半月前
親族の場合 1~2万円
友人・知人の場合 5,000円~1万円
隣人・その他 お餅、おもちゃ

○初節句

お渡しする時期 飾りものは1ヶ月前
親族の場合 3,000円~3万円
友人・知人の場合 3,000円~5,000円
隣人・その他 武者人形、こいのぼり

○入園・入学

お渡しする時期 1ヶ月前~当日
親族の場合 3,000円~2万円
友人・知人の場合 2,000円~1万円
隣人・その他 ランドセル、学習机

○成人式

お渡しする時期 1週間前までに
親族の場合 1万円~2万円
友人・知人の場合 5,000円~1万円
隣人・その他 図書カード・商品券

○卒業式・就職祝い

お渡しする時期 卒業後1~2週間以内
親族の場合 1万円~2万円
友人・知人の場合 5,000円~1万円
隣人・その他 身につけるもの

○昇進・栄転

お渡しする時期 辞令発令後1週間以内
親族の場合 グループ3万円
友人・知人の場合 個人5,000円
隣人・その他 お金でなく品物でも

○長寿祝い

お渡しする時期 祝宴の場・当日
親族の場合 両親2~3万円、親族5,000円~1万円
隣人・その他 ひざ掛け・座椅子・旅行

○結婚記念日

お渡しする時期 祝宴の場・当日
親族の場合 両親、親族5,000円~1万円
友人・知人の場合 5,000円~1万円