子どもの金銭教育

【 金銭教育の意義 】

「 お母さん、みんな買ってもらってるから、あれ買ってよ~。」
「 毎日お菓子やジュースでお小遣いが、なくなっちゃう~」

 お子さんはお小遣いやお買いものについて、日ごろどのような言葉を口にしていますか?子どもたちは毎日の生活の中で、自然に金銭感覚や価値観を身につけていきます。それは、大人になってもクセとして残るとも言われています。お金のことで困る人生か、お金と楽しくかかわる人生かを決めることもあるのです。

 また、子どもに金銭教育を行うことは、お金や物を大切にすることを教えるだけでなく、我慢する力や先の見通しを立てて計画する力を教えることができます。

【 アロマプランニングの金銭教育 】

 これまで、アロマプランニングでは、子どもとお金について、保護者の方と子どもを対象にセミナーを行ってきています。
現在、アロマプランニングの金銭教育は次のところで実施しています(小学校のサマースクール、保育園や幼稚園、中学生の課外学習、学童保育や認定こども園、子ども文化センター、生協など)

保護者の皆様に対して

〇子どもの教育費いったいいくらかかる?
小学校の成人委員会や地域の公開講座などで、子育て世代を中心にライフプランニングの中で教育費について、具体的に計算するだけでなく、どのように準備したらよいか考えます。

〇子どもにお金をどう教えたら良いの?
幼稚園から大学生まで、学校や地域、家庭で子どもに知って欲しいことをばらばらに伝えるのではなく、それぞれの年代ごとにカリキュラムがあり役割があります。家庭だからこそできることを学びます。

子どもに対して

〇単にお金についての知識を教えるのではなく、子ども自身が自分で考え、試行錯誤しながら楽しく学べることを大切に、ゲームや劇や工作などを中心に展開します。

【 お客様の声 】

実際に金銭教育を受けられた保護者の方の感想の一部をご紹介します。

「お金のことはあまりよく考えておらず、その場その場で、子どもに対してのお金はしのいでいきました。将来のことを考え、お金、おこづかいはとても大切なんだととても痛感しました。」

「お金の教育は人間としての教育そのものと考え直すきっかけになりました。小5の子におこづかいを渡していないのですが、これからは失敗も含め、様々な体験をさせてあげたいと思います。」

「先生自身の子育てのお話が興味深く聞けました。子どもに対するお金というと、おこづかいのこと位しか思いつかなかったのですが、もっと奥深いものだと感じました。」