第三者評価制度

【 医療サービス第三者評価、福祉サービス第三者評価とは 】

 第三者評価制度とは、病院や福祉関係の事業者が提供するサービスの質を公正中立な第三者評価機関が専門的、客観的に評価するものです。つまり、「国民への質の高いサービス」「国民の医療や福祉に対する信頼の確保」を目的として厚生労働省が関係団体と制度化したものです。医療サービスは、平成21年5月末の評価実績は2556病院。全8832病院の中では、まだ28%ですが、その後、評価を受ける病院は年々増加しています。

 認定病院名や評価の結果については、財団法人「日本医療機能評価機構」のホームページで情報公開されています。「評価機構」は、病院にとっては、地域で良質な医療サービスを提供するため、また、患者にとっては病院を自由に選択するためで、格付けというものではないとしていますが、参考になると思います。福祉サービス第三者評価も評価調査員の養成講座なども開催されており、高齢者施設、障害者施設、こども家庭施設など、福祉サービスの基本理念がいかに実施されているかをホームページや書籍にて公表しています。